見出し画像

【レコチョク】2月度Breakthroughアーティスト発表!ピックアップはkojikojiとNewspeak!

こんにちは!レコチョクnote編集部です。

早速ですが、レコチョクオリジナル企画「Breakthrough」アーティスト(2月)に選ばれたアーティストを発表したいと思います!
※レコチョクでは2020年4月から新企画「Breakthrough(ブレイクスルー)」がスタートました!この企画概要や趣旨、この企画への想いはこちらのnoteをご参照ください💁‍♀️

2月のBreakthroughアーティスト:kojikoji

▼kojikoji プロフィール

変換済_kojikoji_artist_photo

2020 年、1st EP「127」をリリース。数々のイベントに参加し、チケットは軒並みソールドアウトに。これまでにGeG、空音、Lucky Tapesなど数多くの作品に客演参加し、BASI のサポートバンドの一員としてもコーラス/ ギターを担当。2021 年2 月24 日、待望の2nd EP
「PEACHFUL」をリリース。


▼選定者コメント

様々な作品への客演参加、そして、先日発表された「コレがバズるぞベスト10 2021」への選出などを通して、確実に知名度をあげてきているkojikojiさん。
ジャンルを問わず溶け込んでいく、浮遊感ある儚なげな歌声がとにかく魅力的です。

楽曲から感じるほんのりとした幸せや温かさ、そして、歌声とメロディーがじわ~っと身体に流れ込んでくる感覚がすごく心地いいんです。この"音楽と自分が溶け合っていく感覚"を味わえるのはkojikojiさんの音楽ならでは。

2nd EP『PEACHFUL』はkojikojiさんのそんな魅力を味わえるのはもちろんのこと、今までのイメージとは少し違ったkojikojiさんも感じられるような1枚になっているかと思います。

今回のEPも過去曲も合わせて聴いて、とろ~っと溶けてみちゃってください。

寄稿者:ゆそ


▼おすすめ曲

🎧「ほろよい」

レコチョクで購入 RecMusicで再生 dヒッツで再生

🎧「いつかのDAYS」

レコチョクで購入 RecMusicで再生 dヒッツで再生

【kojikoji】スペシャルインタビューが公開中!

今回、Breakthroughをきっかけにkojikojiさんへのインタビューが実現!2nd EP『PEACHFUL』に込められた想いを中心に、彼女の素顔に迫れるような質問をさせて頂きました!kojikojiさんの世界観を是非、ご堪能ください💁‍♀️
https://recochoku.jp/ch/recolog/kojikoji/

kojikojiがセレクトしたプレイリストが公開!

今回、特別にkojikojiさんが特別にプレイリストを作ってくれました!テーマは「おはようプレイリスト selected by kojikoji」♪
朝の憂鬱な準備や行き道が楽しくなれるようなプレイリストを作ってくれました!
🎧RecMusic
https://recmusic.jp/playlist/?id=6563

🎧dヒッツ
https://selection.music.dmkt-sp.jp/program/10022184

2月のBreakthroughアーティスト:Newspeak

▼Newspeak プロフィール

変換済_Newspeak_Portrait2020_Fix_small

2017 年東京で結成され、流暢な英語詞とワールドスタンダードな楽曲クオリティが特徴のロック・バンド。
同年6月に会場限定としてリリースした1st EP『What We Wanted』は発売から4 ヵ月で完売、11月には2nd EP『July』をリリース。 結成初年度ながらサマーソニック2017、マグロック2017 といった大型フェスティバルへも出演。
翌年には、MANDO DIAO、The Fratellis の東京公演にてサポートアクトも務めたほか、音楽ストリーミングサービス「AWA」のCM ソングへの起用、サマーソニック2018、マグロック&フジソニック、SUNSET LIVE、SYNCHRONICITY等、多数のフェスやサーキットフェスでその存在感を示す。
また、同年10月にはバンド初となるミニ・アルバム『Out Of The Shrinking Habitat』をリリース。そして、2019年3月渋谷WWW にて、結成2周年&会場限定3rd EP『Maybe Youʼ re So Right, Gonna Get My Shotgun』のリリースを記念したワンマンライブを敢行しソールドアウト。
その後、盟友Survive Said The Prophet の47 都道府県ツアー「Now more than ever Tour」にゲストアクトとして全行程帯同。
同年11月にリリースした1st フルアルバム『No Manʼs Empire』は、11月度タワレコメンにも選出され、同タイトルのリリースツアーでワンマン2公演を含む全国11ヵ所のツアーを敢行。
2020年にはコロナ禍のパンデミックを受けて、6,7,8,9月と4ヵ月連続でデジタル・シングルをリリースし、最終的にコンセプトEP 『Complexity & Simplicity of Humanity (and Thatʼs Okay)』をリリース。
同EP収録曲「Blinding Lights」は、テレビ東京系「ゴッドタン」10月期EDタイアップにも選出。
音楽制作のみならずライブバンドとしてもその魅力と確かな実力を兼ね備え、日々更に成長し続けている。

▼選定者コメント

普段中々洋楽に手が伸びないのですが、サブスクで音楽を流し聴きしていた時に「うわ、この洋楽かっこいい…なんてバンドだろう!」と思わず手を止めた時に出会ったのがNewspeakでした。
楽曲のクォリティーと、流暢な英語の歌詞で洋楽だと信じて疑わなかったのですが、東京で結成されたバンドと知った時の衝撃は今でも忘れません(笑)。同時に、「日本にもこんなにすごいバンドがいるんだ!」と嬉しく思いました。

1月22日にリリースされた『The Mind Motel’s Acoustics』はバンド初の全曲アコースティックのEPになっていて、普段激しいロック調のイメージが強いNewspeakのイメージをいい意味で覆してくれる、そんなEPです。

今日は天気がいいからあの曲が聴きたいな…のように日常のシーンに合わせて曲を聴くことが多いと思うのですが、私はこのEPを聴いて初めて「このEPに似合う素敵な生活をしたい…!」と思わされました。。それくらい優しくて繊細な歌声と、軽快だけど包み込むようなメロディの楽曲たちに心奪われました。
オリジナル音源と聴き比べると、アコースティックver.でどんなアレンジがされているのかがよく分かって楽曲の魅力より深く味わえるので、ぜひあわせてチェックしてください。

過去錚々たる面々が選出されてきた「Zoff Rock Monthly Artist」に抜擢されるなど、活躍の幅を広げているNewspeak。もっといろんな人に知ってほしいと常々思ってましたが、その日はもう近いかもしれません。今後の活躍も楽しみです!!

寄稿者 かろ

▼おすすめ曲

🎧「Jerusalem(Acoustic Version)」

レコチョクで購入 RecMusicで再生 dヒッツで再生

🎧「Blinding Lights」

レコチョクで購入 RecMusicで再生 dヒッツで再生

【Newspeak】スペシャルインタビューが公開中!

今回、BreakthroughをきっかけにNewspeakさんへのインタビューが実現!結成のきっかけから、素顔に迫る質問まで様々な質問をさせて頂きました!自然体で素敵なインタビューですので、是非、ご覧ください💁‍♀️
https://recochoku.jp/ch/recolog/newspeak/

Newspeakがセレクトしたプレイリストが公開!


今回、特別にNewspeakさんが特別にプレイリストを作ってくれました!テーマは「“The Mind Motel”で流れていそうな曲 selected by Newspeak」♪
EPにも出てくる架空のモーテル”The Mind Motel"で流れていそうな曲をメンバーがセレクトしてくれました!
🎧RecMusic
https://recmusic.jp/playlist/?id=6565
🎧dヒッツ
https://selection.music.dmkt-sp.jp/program/10022185

👇そのほかBreakthroughアーティストの楽曲はこちらで展開中なので、是非1度聴いてみてほしいです!!👇

・【レコチョク】Breakthrough 2021年2月
スタッフが自信を持って選ぶ、要注目アーティスト 2021年2月版

https://recochoku.jp/special/100868

・「Breakthrough〈2021年2月〉」(プレイリスト) | 【RecMusic】音楽聴き放題/MV見放題の定額制サービス

https://recmusic.jp/playlist/?id=6555

・音楽聴き放題サービス dヒッツ Breakthrough<21年2月>

https://selection.music.dmkt-sp.jp/program/10022164


▼参考:展開サービス

・レコチョク
※1曲ずつ購入するダウンロードサービス。ご存知の方が多いのはこのサービスかと思います。

・dヒッツ
※プレイリスト型のストリーミング(音楽聴き放題)サービス。docomoユーザーではない人も使えます。

・RecMusic
※ストリーミング(音楽聴き放題)サービス。元「レコチョクBest」です。


最後まで読んで頂きありがとうございました!記事を読んで面白かった、ためになった、もっと知りたいと思ってくださった方は是非いいねやフォローをお願いします!
そして是非、原因は自分にある。の魅力に共感した、好きになった、聴いてみようと思った方は是非、コメントを頂けますと嬉しいです!

音楽を聴くすべての皆さんが、1組でも多くの素敵なアーティストに出会えますように。

▼レコチョクのTwitterのご紹介▼
その他のBreakthroughアーティストの情報についてはもちろん、ランキングや音楽情報をお届けしています!
是非、フォローやいいね、RTをお願いします🙇🙇


スキ嬉しいです~!
5
レコチョクの公式noteです。コミュニケーションスローガン「音楽は、夢を見る。」をもとに、音楽に関する様々な情報をお届けします🎧 Twitter、Instagram、Facebook(https://www.facebook.com/recochoku/)もやってます!