音楽を取り巻くトレンド調査!多様化するアーティスト×グッズ
見出し画像

音楽を取り巻くトレンド調査!多様化するアーティスト×グッズ

こんにちは、ゆるりです◎

レコチョク社内では音楽を取り巻く環境に敏感であるために、頻繁に最新のエンタメ情報について情報交換が行われています。その中でもわたしが特に面白い!と思った情報をまとめていきたいと思います🌟

最近、注目しているのはアーティスト×グッズの多様化です。

アーティストのグッズといえば、CDやDVD、ライブTシャツやタオル、ステッカーを思い浮かべがちですが、、、
海外を中心にアーティストの個性やライフスタイルにあわせてその種類が多様化してるんです!今回はそんな例をいくつかご紹介します。

アーティスト×スキンケア

シンガー、ソングライター、プロデューサーとしてはもちろん、ファッション/カルチャー・アイコンとしても世界にその名を知らしめるスーパー・マルチ・アーティスト ファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)は、2020年11月に自身のスキンケアブランド「ヒューマンレース(Humanrace)」を立ち上げました。

各種メディアによると、ファレル・ウィリアムスは肌が綺麗だと定評のある人物で、彼が毎日行っている三分間のスキンケアルーチンをベースに、皮膚科博士と一緒にこちらの商品開発を行ったのだとか・・!

プロデュースした本人が効果を実証しているだけあって、かなり説得力のある商品になってます。

■参考サイト
ファレル・ウィリアムスがスキンケアブランド「ヒューマンレース」を立ち上げ
ファレル・ウィリアムスがジェンダーレスなスキンケアブランド「ヒューマンレース」を立ち上げ、ヴィーガンに対応
■公式サイト
https://www.humanrace.com/

アーティスト×アロマキャンドル

2020年12月、カナダ出身のラッパーであるドレイク(Drake)がアロマキャンドルを発売!

アロマキャンドルは全部で5種類あって、中でも「Carby Musk」は"Drakeの匂いがするキャンドル"ということで話題になっていました。第一弾販売直後は全種類ソールドアウトになってしまったみたい、すごい・・!👀

アーティストのライフスタイルを通り越して、もはや香りまで商品化してしまうなんて。ファンは絶対嬉しいですよね・・!

■参考サイト
・Drake の香りがするキャンドルがリリース

アーティスト×コスメ

バルバドス出身の大人気シンガーで知られるリアーナ(Rihanna)が、プロデュースするコスメブランド「Fenty(フェンティ)」。

リアーナがプロデュースした「Fenty Beauty(フェンティ・ビューティ)」は、アメリカで2017年にTIME誌が選んだ「生き方、働き方、遊び方を変える発明”ベストインベンション”」の1つに選ばれ、2020年には同ブランドのスキンケアライン「Fenty Skin(フェンティ・スキン)」が販売され、ネット上で大ブームを巻き起こしました。

クチコミではコスメのクオリティを絶賛している人が多くて、リアーナのファンに限らず、広くコスメブランドとしての評価を受けているのが印象的💄

確かにリアーナのメイクってMVとかみててもすごいし、納得。

■参考サイト
2020年のビューティトレンドとFenty(フェンティ)ブーム
■公式サイト
https://fentybeauty.com/

アーティスト×アパレル

最後にご紹介するのは、日本人アーティストBABYMETAL
2018年にアパレルブランド「BMD FOX APPAREL」を立ち上げました。

”BABYMETALが発信する「ライブグッズ」とは一線を画した新しいプロダクトブランド”として、スポーツウェアから始まり、2021年8月にはアウトドアブランド「コールマン(COLEMAN)」との初のコラボレーションアイテムも発売されてます。

アーティストのコンセプトをもとにしたデザインをスタイリッシュに表現しファッションブランドとしてイメージを確立している一方で、音楽フェスでも活躍するアウトドア商品の展開など、ファンにとっても実用的な商品展開に今後も注目です!

■参考サイト
BABYMETAL、アパレルブランド「BMD FOX APPAREL」スタート
BABYMETALのアパレルブランドが「コールマン」と初コラボ、アウトドアアイテム発売
■公式サイト
https://bmdfoxapparel.com/

アーティスト×グッズの可能性

いかがでしたか?

今回はアーティストがプロデュースしているブランドを中心にご紹介しました!

なんで、ここ数年になってこういった動きがトレンドになっているんだろう?
私が思ったのは・・・アーティストの個性やライフスタイルがSNSを通して見える化していったのがひとつのきっかけではないか?ということ。

最近は、アーティスト個人がSNSを投稿していて、音楽に関わらないパーソナルな一面もたくさん露出されている。その中でアーティストがもつ音楽以外の個性やライフスタイルが見えるようになってきた。

そこに目をつけて、一緒に商品開発を進めたいと思う企業が増えたり、投資をする企業が増えるのも納得だなと。

ファン目線でいうと、大好きなアーティストがプロデュースしたライフスタイルグッズがあればもちろん使いたいと思うし、プレミア度の高い商品は手に入れたいと思っちゃう。笑

まだ日本では大きな動きにはなっていないけど、海外の状況を見ると「ソールドアウト」「入手困難」という言葉が並んでいて、音楽の収益よりもプロデュース商品の収益の方が高いアーティストもいる、と聞いたことがあるくらい、かなり盛り上がっている様子。

実はこういった市場の動きも踏まえて、レコチョクではアーティスト×グッズを盛り上げるコンテンツとして、「murket」というオンラインストアのソリューション提供を始めました👏

2021年10月に始まったばかりのサービスなので、これからもアーティスト×グッズのトレンドには注目して盛り上げていきたいと思います🌟

ちなみに・・・
最近「ライブグッズ」も、ライブで歓声が出し辛い状況にあわせて、かなり面白い動きになってきているので、これも今度書きますね!!

※2021年11月29日追加
 ライブグッズ記事書きました◎こちらも是非~~!!

以上、ゆるりでした◎

この記事が参加している募集

私の仕事

最近の学び

ご覧頂きありがとうございます!
レコチョクnote編集部のゆるりです。 「音楽×○○」でこんなのあったらなというアイデア、生活の中で気になった事、音楽ビジネスの基礎知識なども発信していきます! 音楽ビジネスのご相談は▶https://bit.ly/3wKRcBB