見出し画像

9月度Breakthroughアーティスト発表!ピックアップはBBHFとclimbgrow!

皆さんこんにちは!レコチョクnote編集部です。
今回はレコチョクオリジナル企画の「Breakthrough」アーティスト(9月)に選ばれたアーティストを発表したいと思います!
※レコチョクでは4月から新企画「Breakthrough(ブレイクスルー)」がスタートました!この企画概要や趣旨、この企画への想いはこちらのnoteをご参照ください💁‍♀️

それでは9月のBreakthroughアーティストを紹介します!

9月のBreakthroughアーティスト①BBHF

画像1


▼BBHFプロフィール

2016 年にチケットSOLD OUT の武道館公演を最後に活動を終了したGalileo Galilei、そのメンバーを軸に新たに結成された尾崎雄貴(Vo,G)、尾崎和樹(Dr)、佐孝仁司(B)、DAIKI(G)からなる4 人組バンドBird Bear Hare and Fish。
鳥と熊と野うさぎと魚という4 匹の動物たちは、メンバーそれぞれのモチーフとして当てはめられている。
メンバー全員が北海道出身で、札幌に拠点を置いて活動している。
2019 年7 月1 日より、バンド名の正式な呼称をBird Bear Hare and Fish から、BBHF( ビービーエイチエフ) へと変更。
同日7 月1 日に配信限定EP” Mirror Mirror” をゲリラRelease。
各所で話題になりiTunes のオルタナティブチャートで1 位を獲得。
7 月2 日に渋谷hotel koe で行われたゲリラFREE LIVE には会場に入れないほど人が押し寄せた。
その後「ONE MAN TOUR “Mirror Mirror”」では、ファイナルの赤坂BLITZ 公演も早々にSOLD OUT。
そんな中2nd EP” Family” がリリースされ、11 月から全国10 カ所を廻る全国ツアー「BBHF ONE MAN TOUR” FAM!FAM!FAM!”」が開催された。
2020 年4 月より地元北海道のラジオ局”AIR-G' エフエム北海道” にて、
レギュラーラジオ番組「BBHF Talks」をスタート。
2020 年5 月配信限定シングル「かけあがって」をRelease。
そしてついに2020年9月2日、New Album『BBHF1 -南下する青年- 』をRelease。
http://birdbearhareandfish.com/

▼選定者コメント

本作『BBHF1 -南下する青年- 』は、冷たい音像の中から少しずつ人間や自然の温度に触れていく中であたたかさを増していく。それは向き合い続けることでしか見えてこなかったようなものたちであり、彼らの音楽を携えていれば自分でも南だろうが北だろうが様々な出来事に対して愛を持って許しながら進んでいけるような気持ちになる。
本作を皮切りに更なる飛躍を遂げたBBHFは、まさにbreakthroughに相応しいアーティストだと思い選定しました。
まだ聴いたことのない人は是非聴いてみてください。

寄稿者:さこれた

▼おすすめ曲

🎧「君はさせてくれる」

レコチョクで購入 RecMusicで再生 dヒッツで再生

🎧「僕らの生活」

レコチョクで購入 RecMusicで再生 dヒッツで再生

BBHFのスペシャルインタビューが公開中!

今回の作品についてはもちろん、彼らの素顔に迫れるような質問をさせて頂きました!是非ご覧ください💁‍♀️

9月のBreakthroughアーティスト②climbgrow

CULTURE_A写


▼climbgrowプロフィール

2012年滋賀県にて結成。
バンド名はclimb(登る)とgrow(成長する)を組み合わせた「成り上がり者」という意味の造語。杉野泰誠(vo>)の嗄れた声、人間味溢れるストレートな感情を綴った歌詞、テクニカルな演奏、そして圧倒的なライブパフォーマンスで聴く者に共感と感動を与える。
「閃光ライオット2014」では準グランプリを受賞し注目を集める。
翌年10月には、タワーレコードのロックレーベル、too basara's people recordsより全国流通盤ミニアルバム『Enter Here』をリリース。
2016年9月に配信された「BLOOD MONDAY」は「ぱちんこCR蒼天の拳天帰」挿入歌と なり、iTunes ミュージックビデオ部門 デイリーチャート20位を獲得。
2017年7月からは、ビクターエンタテインメント内のロック部門Getting Better Recordsが新設したインディーズレーベル「Narisome Records」より、『EL-DORADO』、『FREEDOM』、『CROSS COUNTER』と3枚のミニアルバムをリリース。
2019年には数量限定/タワーレコード限定シングル『ハローグッバイ』と『THIS IS』と2枚のシングルをリリースし、タワーレコード全店で即完。
2020年1月にはインディーズラスト作となるベスト盤『EL-RODAR』をリリース。
2020年2月11日に開催されたVeats Shibuyaワンマンライブ公演を最後にベース田中仁太が脱退、同時に新しいベーシストの立澤 賢が加入。
2020年9月9日にアルバム『CULTURE』でGetting Betterよりメジャーデビュー。
http://climbgrow.com/


▼選定者コメント

climbgrowというロックバンドをご存じだろうか。楽曲のジャンルも多岐にわたり、何でもありが普通の昨今の音楽市場で、ここまでロックバンドなロックバンドは大変貴重で、めちゃくちゃカッコいい。「音楽は感情を揺さぶられてなんぼや!」と思うそこのあなたに聴いていただきたいバンドである。
彼らの一番の魅力はヴォーカルの声。ミッシェルのチバユウスケの影響を受けたそうで、歌い方からリスペクトを感じる。日本人は、ロックに乗せた「魂」をしゃがれ声で歌われると、熱くならざるを得ないと幼いころから教育されているため、若者から大人まで、climbgrowのようなロックバンドに感情を動かされてしまうのだ。テレビでよく見る「こんなん喝!!」のあの人さながら、あなたの人生に熱量を注入してくれるバンドとなるだろう。
そんな彼らが、9月9日にアルバム『CULTURE』で待望のメジャーデビューを果たした。単純にファンとして、メジャーデビューがなんだと言って、いつまでも中指を立てながら「愛」から「ヘイト」まで歌い続けてくれると信じています!!
新曲をはじめ、過去作まで是非レコチョクでお楽しみください!

寄稿者:ぴーやま

▼おすすめ曲

🎧「TIGHT ROPE」

レコチョクで購入 RecMusicで再生 dヒッツで再生

🎧「極彩色の夜へ」

レコチョクで購入 RecMusicで再生 dヒッツで再生


climbgrowのスペシャルインタビューが公開中!

楽曲についてはもちろん、彼らのルーツや意外な一面についても聞いてみたので、楽曲と合わせて最後まで読んでみてください😆


👇そのほかBreakthroughアーティストの楽曲はこちらで展開中なので、是非1度聴いてみてほしいです!!👇

・【レコチョク】Breakthrough 2020年9月
スタッフが自信を持って選ぶ、要注目アーティスト 2020年9月版

・「Breakthrough〈2020年9月〉」(プレイリスト) | 【RecMusic】音楽聴き放題/MV見放題の定額制サービス


・音楽聴き放題サービス dヒッツ Breakthrough<20年9月>


▼参考:展開サービス

・レコチョク
※1曲ずつ購入するダウンロードサービス。ご存知の方が多いのはこのサービスかと思います。

・dヒッツ
※プレイリスト型のストリーミング(音楽聴き放題)サービス。docomoユーザーではない人も使えます。

・RecMusic
※ストリーミング(音楽聴き放題)サービス。元「レコチョクBest」です。


最後まで読んで頂きありがとうございました!
みなさんが気になるアーティスは入っていましたか?もしここに入っていないアーティストでおすすめのアーティストがいたらコメントで教えて下さい😆✨
音楽を聴くすべての皆さんが、1組でも多くの素敵なアーティストに出会えますように。
是非いいねやTwitterでの拡散などをしていただけますと嬉しいです!


▼レコチョクのTwitter
その他Breakthroughアーティストも公開中です♪
是非、フォローやいいね、RTをお願いします🙇🙇



ご覧頂きありがとうございます!
3
レコチョクの公式noteです。コミュニケーションスローガン「音楽は、夢を見る。」をもとに、音楽に関する様々な情報をお届けします🎧 Twitter、Instagram、Facebook(https://www.facebook.com/recochoku/)もやってます!

こちらでもピックアップされています

レコチョクオリジナル企画"Breakthrough”
レコチョクオリジナル企画"Breakthrough”
  • 6本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。